映画刀剣乱舞-黎明-…の予告が出た。

こんばんは、スイです。

とうらぶの映画の情報が出てましたね。
マンガやゲームの実写化って、原作のいいところをぶち壊してくれたり、キャラクターの設定を捻じ曲げたり、あんまりいいイメージがないのですが……。
お友達に誘われて観に行った刀剣乱舞の実写映画は、そんなことが一切なくて(個人の感想ですよ)、それどころかストーリーにめちゃくちゃ引き込まれた実績がありますので、次回作も期待しております。
予告映像はこちら。

とうらぶは推しがたくさんいるんですけども、その中の源氏兄弟がいるではありませんか!これはちょっと楽しみです。動く推し。
しかも極の姿ですね。予告を見ると舞台は現代らしいのですが、さすがに現代の服は着ないのかな?二次創作ではよく見るんですけど(笑)
わたくし、初期刀が山姥切国広なので、まんばちゃんも推しておりまして、ストーリーの中心に絡むようでそれも楽しみです(o´艸`)
一文字はいないかなー?
とうらぶはミュージカルも盛んですし、なんかの歌番組にも出てましたね。
見た目の寄せっぷりが著しくて、見るたびにびっくりします。

前回の映画を観たとき、三日月さんの美しさと再現度に脱帽でした。
ゲームの三日月さんのイメージそのまま(個人の感想ですってば)で、CGとかでいじってるんじゃないかと、疑ったくらいです。
舞台役者さんの中では有名な方で、そちらの方面に疎いわたしでもお名前をばっちり覚えました。
鈴木拡樹さんです。
こちらの方、美人さんなのはもちろんなんですが、ほんとに三日月さんだったのですよ!

刀剣乱舞だけの話じゃなく、映画でもアニメでも、演技を演技と感じさせない、中の人の存在を感じさせない、キャラはキャラ、とあってくれると、没入感が変わってきませんか?
どんなに奇抜なキャラクターでも、本当にそこに存在して動いて話している。
すごいテクニックとかいろいろあったとしても、それすら感じさせないというか。
この人すごい!でもなくて、【この人】を忘れられる。でもこの人じゃなきゃダメだ、というか。
まぁわたしは何も知らないド素人ですけど、そういうことができるのがプロなんだろうな、思うわけです。

三日月さん役の鈴木さんは、そんなふうに思えた役者さんでした。
アマプラで配信されたのも何回か観ましたし、次回作もぜひとも観に行こうと思います。
映画館はちょっと苦手なんですけどね。
映画が嫌いなわけではないのです。

ということで、今回はこの辺で。
ではではー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました